映像9トラック+音声1トラックの同期トラック、さらに100個の非同期クリップをスタンバイさせ、9個の再生画面を見ながらリアルタイムにスイッチング操作や非同期クリップのリアルタイムインサートをおこないながらの編集が可能です。カットだけでなくデゾルブもリアルタイムに表示可能です。

スイッチング操作はシーケンサーに記録され、忠実に再現されます。またシーケンスデータは自在に編集が可能です。ノンリニアならではの時間軸の瞬間移動が可能なジャンプ機能も装備しています。視認性の良いグラフィックエディター、テンキー操作で素早いデータ入力が可能な数値エディターの両方を完備。効率的な編集作業が可能です。

同期トラックを4トラックに限定した(他の機能は全く同一)MUVE-Pro4もございます。
・Intel Pentium4 2.4GHz以上を推奨
・DirectDraw対応グラフィックボード
・サウンド機能(オーディオ再生機能)
・対応OS Windows2000/XP
・Adobe社Premiere5.1C以降または
 canopus社DV編集システム
・素材格納HDDは2台〜4台に分散させて
 ください。(1台のHDDに4トラック以上の
 データを入れますと再生パフォーマンス
 が落ちます。)

●MUVE-Pro9に必要な動作環境

●MUVE-Pro9の特長

※素材を表示する9マルチ画面ウィンドウ、リアルタイムに編集結果を表示するVSRウィンドウが独立ウィンドウとなり、 自由に画面配置が可能になりました。2モニター環境で、ぜひご使用ください
※旧MUVE-2000MUVE-Pro9に進化しました。